« 秋の味覚 | トップページ | いちごクッキー、チョコチップクッキー »

2006年10月 5日 (木)

生の牛乳

Dscf0224 昨日夫が「生の牛乳」をもらってきました。「生」というのはしぼったままの牛のお乳で、要は殺菌処理とかしてないので煮沸してからいただきました。なるほど、牛乳パックから注いで飲む牛乳とは確かに味が違います。なんていうのかな~、そう、まろやか。それが一番ぴったりくる言葉に思えます。私達が牛乳の味と思ってきたものは、実は人間があとから手を加えたことによるものなんだなぁと改めて思いました(もちろん必要なことなんでしょうけれど)。そんな、人の手による味を削ぎ落とすと、「まろやか」、そんな感じ。そんなわけで、せっかくの牛のお乳をどう料理しようかと考えて、、、

Dscf0225

昨夜のディナーは、きのこたっぷりミルクスープ。家にあったもので作ったので、別に特別な料理でもないですけど。

Dscf0229_2 そして、今日のディナーのデザートに、焼きプリン。これなら、おたふくの長男君もほっぺに負担をかけないで食べられるでしょ?クリームのデコレーションは、1日うちに缶詰めで持て余し気味の長男が。自分の分が一番重量級です。実は、昼間母と子でプリンだけ余計に作って味見済み。「ちょうどいい味だ。」とのお言葉をいただいております~。

« 秋の味覚 | トップページ | いちごクッキー、チョコチップクッキー »

コメント

わ〜、momoさんのおうち毎日色々な味覚が楽しめていいですね〜。
やっぱ、生の牛乳とよく食品に書かれている生乳入りとかって言うのは違うのかな〜?
長男くんのおたふくもあと数日で痛くなくなるかな?
お大事にしてね。
↓今年、まだ栗食べてないわ〜。
渋皮煮、今年はチャレンジしてみたいな〜。
シンプルな茹で栗もおいしいよね〜。
運動会と言えば、栗と青いみかんだよねっ!
って、我が家の運動会はどっちも用意していなかったわ〜。
運動会のお隣弁当をのぞくと、よく栗ごはんのおにぎりを発見して、おいしそ〜〜〜と思います。

sakiさん、こんにちは。
ここのところ、食べ物ネタが続いてしまったわ。栗はただゆでたのを黙々と剥いて食べるのがやっぱり好きかなぁ。あっ、栗ご飯のおにぎりっておいしそう。新聞かなにかで渋皮ごと揚げるというのを読んで、やってみたら苦手なアーモンドの味になってしまったこともありました。
長男のおたふくは軽いほうみたいです。でも、治った頃下に染ったら困るなぁ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/3699151

この記事へのトラックバック一覧です: 生の牛乳:

« 秋の味覚 | トップページ | いちごクッキー、チョコチップクッキー »