« クリスマスを待ちながら | トップページ | クリスマスツリー »

2006年12月10日 (日)

ダークチェリーケーキ

Dscf0598_640 夫と私は誕生日が1日違いなので、いつも合同誕生パーティです。週末、夫が帰ってきたので、誕生日のケーキを作りました。

クリームは、固めに生クリームを泡立てた後ダークチェリーの缶詰のシロップを混ぜました。きれいな薄紫色になり、味も甘酸っぱくなります。

今回はドーム型のケーキにしようと思い、耐熱ボウルを型に使って前の晩に焼きました。朝起きてみると、真ん中が陥没していてショック!へこみの部分は、クリームが厚くなっています。。。みんながまだ寝ている間にデコレーション。Dscf0603_640 3時のおやつに食べようと思っていたので、こじゃれたキャンドルでも買って来るひまあるかなぁなんて思っていたのに、起きてきたこざるたちは、「ローソクはぼくがさす~。」としゃれてないローソクを持って、うろうろしだしました。キケンを感じたので、とりあえず上の画像を確保。あっという間に、それもかなり適当な場所に、ローソク刺しの状態になりました。(アラザン散らすとか、粉砂糖撒くとか、もう一飾りしたかったとこだけど。)

仕上げに、こざるたちがローソク吹き消しておしまい。

« クリスマスを待ちながら | トップページ | クリスマスツリー »

コメント

momoさん、お誕生日おめでとうございます。
ケーキも大人の感じで素敵♪
クリームも薄紫なんてーいいですね!!!
最近、私の誕生日はおめでたくないので
ケーキも何もなしです~
それからsajouのはさみ、シャープで素敵ー
私もこんなすばらしいはさみ、欲しくなりました。

kinariさん、ありがとうございます。
自分の誕生日でこんなにひっぱってしまいました~。私も、もちろん増えて行く年輪はありがたくないけれど、都合の悪いことは忘れてしまうので、懸賞応募するときなどには「私いくつだっけ?」と夫に尋ねつつはがきを書いてます。それに、母作のケーキをあまりありがたがってくれない子供たちなので、こういう記念日を逃さず積極的にケーキ作らないと作らせてもらえないのです~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/4489815

この記事へのトラックバック一覧です: ダークチェリーケーキ:

« クリスマスを待ちながら | トップページ | クリスマスツリー »