« 七日正月 | トップページ | ロミ・ユニ・コンフィチュールの空き瓶 »

2007年1月 9日 (火)

もりからのプレゼント

Dscf0698_640_1まつぼっくりの隣にあるエビフライの正体は、外側を取ったまつぼっくりの芯。では、もりでエビフライを作ったのは誰でしょう?

答えはりす。中の種を食べるために、外側を取ってしまうのだそうです。

3連休の仕上げに、那須町にある絵本屋さん「ぷーじ&ぷーば」に行ってきました。車の通りからは外れて、静かな別荘地の中にひっそりと。Cafeにもなっていますが、うちは本選びに夢中でお茶をいただいたことはありません。残念。ゆっくりと絵本を選べるようにと、椅子まで持ってきて下さるんですよ。うちのこざるたちは、本屋さんでみっちりと読み気に入ったら買ってうちでまた読む、というスタイルなので、気兼ねせずに選べる本屋さんはありがたいです(絵本を買いに行くと、その場で何冊も声に出して読むことになるお母ちゃん)。

そんな風に本を読んでいたら、本屋さんの奥さん(ぷーばさん)が↑の「もりからのプレゼント」を持ってきて下さったのです。一つずつまつぼっくりを選んだこざるたちに「箱ごといいのよ。」と言ってくださり、全部いただきました。あぁ、この近くにりすがいるんだ、、、と感じられましたよ。

そして、我が家の絵本棚に加わった絵本たちは、、、

こざる1号が吸い寄せられるように選んだのは『からすのパンやさん』。多分1号は自分でもそれと知らずに、かこさとしさんの本が好きです。借りてきたり「読んで~」と持ってきたりする本の中にはかこさとしさんの本が多くあります。
からすのパンやさん

こざる2号が、お母ちゃんセレクトの3冊の中から迷わず選んだのは、ベスコフ作『ペレのあたらしいふく』。表紙の絵が、こやぎのぬいぐるみを肌身離さず連れて歩いている2号の様子と重なりました(こちらに出てくるのはこひつじですが)。あたらしいふくを得るために、ペレはいろいろなお手伝いをします。欲しいものは難なく得られるいまの子供と、どちらが幸せな子供かしらと思わせられました。絵も内容も温かい本です。
ペレのあたらしいふく

見つけて連れ帰らずにはいられなかったのは、エッツ作『赤ちゃんのはなし』。こちらについてはまたいずれ。
赤ちゃんのはなし

ぷーじ&ぷーばさんに来ると、絵本は子供のためだけじゃないなぁって思います。私自身も欲しい絵本がいっぱい見つかって、どれにしよう、どれにしようと散々迷って買ってくるんです。懐かしい絵本もたくさんありますし、初めて知った素晴らしい絵本もたくさんあります。また、子供たちにもいい絵本をたくさん読んで世界の美しさを知って欲しい。こういう絵本やさんに出会えたこと、本当に感謝したいと思います。

« 七日正月 | トップページ | ロミ・ユニ・コンフィチュールの空き瓶 »

コメント

momoさん、今日から新学期でやっとネットに出てこられるようになりました。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます♪

「森からのプレゼント』プレゼント、、、素敵〜♪
からすのパン屋さんはほんと、子どもだけでなく親もなんだかほのぼのとなりますね〜。
うちも次男が幼稚園生活があと1年なので、今年はせっせと本を読んであげようと思っていました。
長男に比べて、すごく本読み時間が少ないので、、、。
ちょっと難しいかな〜と思ったけど、読むというのでお正月から、次男と(そして長男はふたたび)エルマーと旅に出ることにしました。

今年は、子どもの活動(役員とか色々)で忙しそうな予感なのですが、また、色々なお話ができたらいいな〜と思っています♪
ことしもよろしくね!

momoさん、森からのプレゼント、気持ちがほっこりします♪

エビフライはりすシェフが作るのね。
色んな形ができておもしろいですね。

私も絵本大好きですよ。外国へ旅行したら必ず買うことにしています。色遣いとか日本では考えられないきれいな物もあってすごく参考になるんです(*^。^*)

momoさ~ん 遅くなりましたが明けましておめでとうございます♪
リスだったんですね!
おいしそうなエビフライになってる~。
おままごとにいただきたいです(笑)
私もからすのパンやさん大好きです。
やっぱりおいしそうなので~(笑)

我が家は昨日から幼稚園が始まり 息子がお正月に怪我をしたので
病院通いとスイミングへ休会届けを出しに行ったりと大忙しです。
普段の生活に落ち着くまでもうしばらくかかりそうですが
今年もまたよろしくお願いしま~す♪
momoさんのブログを通じて今年も自然を満喫したいな^^

sakiさん、おはようございます。
思いがけないりすの仕業。もりからのプレゼント、いいでしょ~。
我が家の絵本タイムは夜寝る前で、こざるたちご希望の絵本を読んだ後、『ナルニア物語』(実家から持参)の本を読んであげたり。ナルニアの魔法にかかってか、読み始めると寝てるんだな~。気が付くと、男3人寝てる中一人で読んでたりするのです。。。
自分が昔読んでたのを子供に読んであげるのも、楽しいですよね。
sakiさん今年は(も?)いろいろ忙しそうですね。体こわさないように、でも作品もいっぱい見せてくださいね。

birdbathさん、おはよう。
シェフはりすでした。那須のマタギの人に、熊だの猪だの鹿だのの肉をもらったことがあり、そういう食肉系はいると思ってたんだけど、あぁよかった。りすみたいなかわいい小動物もいるらしいです。
子供が生まれてまた絵本が気になってきました。絵本の中にこそ美しい絵があったりして、びびびと刺激を受けることがありますよね。外国の絵本も、その国独特のものがあっていいでしょうね~。

pecoさん、おめでとうございます~。
からすのパンやさん、懐かしいですよね。息子が「これ~。」と真っ先に選んだので、そういうものの魅力は変わらないんだなぁと思いました。
息子さん、怪我って大丈夫ですか?新年早々、大変でしたね。子供が動き回れない時って可哀想ですよね。お大事にして下さい。
今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/4858775

この記事へのトラックバック一覧です: もりからのプレゼント:

« 七日正月 | トップページ | ロミ・ユニ・コンフィチュールの空き瓶 »