« 読む会 | トップページ | 母の日のプレゼント »

2007年5月23日 (水)

ピエール・ド・ロンサール

Dscf0994_640 待ち焦がれていたピエールにようやくご対面できました!

これからもっと開いてくるのかな。本などで見ていたイメージは、カップ咲きでコロンとした感じです。でも、色はそう、全体は白で花弁の縁がピンクのこれ。あ~、憧れていたピエールがうちの庭に~!

嬉しい!

……そもそも咲いている実物を見たのはこれが初めてだということに気が付きました。

苗がうちに来て初めてのこの春、2株ありますが、ついた蕾は合わせても7つ。花弁もいくらか寂しいような。強く大きく成長してフェンスいっぱいに美しいピエールが咲き誇る日を夢見てます。(強健種だってことなので、ずぼらな私にはぴったりと思ってるんだけど)

« 読む会 | トップページ | 母の日のプレゼント »

コメント

ピエール・ド・ロンサールというのね。青木和子先生のお宅にもこんなバラあるのかなあ。

近所にもバラが次々咲き始めてるお宅があるのでお散歩が楽しいです。

例の荒れ果てたわが家の庭はようやく芝を刈り、すっきりしましたよ。あじさいがどんどん咲きそうな気配です♪

b.b.ちゃんおはよう。
ピエール・ド・ロンサールというのは、フランスの詩人の名前だそうです。フランスのバラは、名前も何だかすてきです。フランス語はわからないから、意味はわからないんだけどね~。
芝があるんだ~。うちの庭は、ほんと何も無く石ゴロゴロなので、今夫が芝を植えたいと耕しているところです。私も木を植えようと穴掘ってたらマメできました。あやのさんのように優雅にとは、なかなかいかないですね~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/6524538

この記事へのトラックバック一覧です: ピエール・ド・ロンサール:

« 読む会 | トップページ | 母の日のプレゼント »