« 昨夜の出来事 | トップページ | すてきなお店に行きました »

2007年10月17日 (水)

いちじくのコンフィチュール

Dscf1284_640少し前ですが、 いちじくのジャムを作りました。

いちじくって、実はあまり馴染みのない果物なんです。生食したことは、、、記憶にない。多分ないです。でも、スーパーに売っているのを見つけて、(今までスーパーで売ってるのを見たことがなかったんですけど、今年はうちの近くではよく見かけます。栃木にも普及してきたのかしら~?)愛用のレシピ本にも載ってたなぁなんて思い、作ってみました。

いちじくのイメージは、紫茶色(皮の)だったのですが、いざジャムにしてみたらこんなにきれいなピンク色になって驚きました。まぁ、果肉は紫茶色じゃないんだからね。でも、実際の果肉の色を見ても、こういう色に出来上がるとは予想できませんでした。不思議~。

生のいちじくはまったりと甘あまですが、レモン果汁が多めに入っているので、適度に甘くちょっとだけ酸味が感じられるかなぁという味になりました。

Dscf1287_640 いちじくみたいなぷっくりかわいい小瓶に入れて、ちょうどのサイズの巾着ポーチに収めました。ガラス瓶を入れることを考え、内布は小花柄のワッフルで。
ワンポイントステッチは、小花の模様とフランス語で"figue"(いちじく)と。そのままですが。
先日のイベントでお会いしたsakiさん、chocoさん、Minaさんへ初めましてのプレゼント。そしてお会いできなかったけど、カナさんの分はchocoさんに託してきました。
さらに、還暦パーティのとき、母と妹に。(随分いっぱい作ったなぁ。。。)

↓愛用のレシピ本です。お世話になっています。

いがらしろみの果物でつくるコンフィチュール (生活実用シリーズ)

« 昨夜の出来事 | トップページ | すてきなお店に行きました »

コメント

momoさん、その節はごちそうさまでした。
ほんと、きれいな色でしたよね〜。

あの日、色々お話ししてmomoさんの新たな一面を発見!!と、(昔のお仕事のことね、、、)興奮しましたが、
↓こんな特技もお持ちだなんて、またまたびっくりよ。

魚の骨は気をつけるけれど、やっぱり怖いのね。
うちは次男がやっぱり、うなぎの骨がのどに突っかかったみたいで、ご飯をゴックンしなさい、、、と慌てた事があります。うなぎだったから、大丈夫だったけど、、、しばらくうなぎを口にしなくなりました。
ほっけの骨だから、結構太かったのかな?

sakiさん、こんばんは~。
↓特技と言えるかどうか、、、よく見るお店(Pres-deさん)のサイトのブログが、こんな感じでおもしろいんです。私にも描けるかな~なんてちょっとやってみたらこうなりました。こざるたちのエピソードは、おかしいのが多いので、まんがにして丁度いいかも。
食べてたのがほっけだったから、骨がささったと言われたときにはどんな大物が刺さってしまったのかと慌てたけど、取り出してみたら小骨~な感じでした。あんなのほっけに入ってるのかな~というほどの。ご飯丸のみどころか、魚も噛まないで飲んでたのね~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/8469467

この記事へのトラックバック一覧です: いちじくのコンフィチュール:

« 昨夜の出来事 | トップページ | すてきなお店に行きました »