« ハロウィンのリース | トップページ | さつまいも その2 »

2007年10月25日 (木)

さつまいも

Dscf1345_640こざる2号が、幼稚園でおいもほりに行ってきました。

2号は、おいもほり数日前から、やきいもの歌をずっと歌ってとても楽しみにしていました。私も、お持ち帰りを楽しみにしていました~。

その日のお迎えに行くと、いつもは門のところまで出てくる2号が、テラスのところで座っています。どうしたのかと思ったら、おいもの袋が重すぎて持てないので、私に持たせようと待っていたDscf1344_640のでした。

重すぎて持てなかったおいもたち。→
(これで、何本か食べたあとです)




まさかこれほど掘ってくるとは思わなかったので、私もびっくり。先生によると、大体1~2本掘って満足する年少さんの中にあって、2号はいつまでも掘っていたらしいです。

おれがほってきたおいも~。

と鼻高々の2号。食べがいがあるな~と、もちろんごはんのおかずにも大活躍ですが、お菓子も作ってみました。

↑は、揚げてから、砂糖のみつで煮詰めました。雪衣がついたようになります。1号がお気に入りで、お父さんが帰ってくる前に食べてしまいました。

Dscf1353_640 紅玉があったので、りんごとさつまいものケーキ。
ラムレーズンも入って、具だくさんです。バターがしっとり。さつまいもが効いて、素朴な味になりました。
昨夜ホームベーカリーをセットし忘れたため、おやつ用に作ったケーキが今朝の朝食となりました。

しかし、「さつまいもはごはん(のおかず)だから、ケーキにはいっているのはいらない。」という2号。
「洋酒が入ってるのか~。」と、ラムレーズンの風味があまり好きじゃないらしい夫。(遠慮して『食べない』とは言わない。)

残り半分は、責任者の私が食べることになりそうです。。。

ところで、先日、ご近所でお茶をいただく機会があり、お団子などいただいてきたのですが、奥様が「うちで作ったの、おいしいから食べて~。」とおっしゃって出してくださいました。その「おいしいのよ~。」っていうのがいやみではなく、おもてなしの心を感じました。私も「手作りよ、おいしいからどうぞ。」ってさらっと言いながらお菓子を出したいけど、技術的にも人間的にも、まだその域は遠そうです。

« ハロウィンのリース | トップページ | さつまいも その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/8609867

この記事へのトラックバック一覧です: さつまいも:

« ハロウィンのリース | トップページ | さつまいも その2 »