« 二番花 | トップページ | 何とかプチ納品 »

2008年7月14日 (月)

どろだんご

Dscf2312 こざる2号と一緒にどろだんごを作りました。

2号の幼稚園では、今どろだんご作りがブームです。2号も友達や年長さんに「いいどろだんごを作る秘訣」を教わりながら楽しんでいるみたい。

家でもどろだんごをやりたいと思ったらしく、しばらく前に<落とし穴>として掘った穴※(バケツほどもある、結構立派な穴です)に、水を注いだりこねたりしているな~とは思ってたのですが。この楽しさをお母ちゃんとも分かち合いたいと思ってくれたのか、どろだんごの醍醐味を語ったり、「じゃあ、やってみよう!」とかお誘いを受けるようになりました。

※この落とし穴は「どろぼうがおちるように」作ったとのことでした。一体どんなどろぼうが落ちるというんだ~と思っていたのですが、なんと落ちたのは猫でした!ちょっとぬかるんだ穴の中に、猫の足跡が一つついていたのです。どろぼうを落とすより猫を落とす方が難しいじゃないですか?また、これにより、うちの庭が知らないうちに猫に横断されていることが判明しました。


2号「じゃあ、穴に水を入れて!」
これくらい?
2号「もっとだよ~。」
しゃぽしゃぽになっちゃうと、団子にならないんじゃない?
2号「このあとに、さらさらのつちをまぜるんだよ!」

何やらこだわりの製法があるらしく。

酒蔵の職人さんのように、棒で一生懸命混ぜてみたり、<さらさらのつち>を混ぜながら、手触りを確認してみたり。(その時の、「オレは専門家なんだぜ~」的な顔がおかしくて~!)

ようやく土の固さにOKを出した2号。一緒にどろだんごを丸めながらも、最初は小さな団子から!とかいろいろご指導してくれてたかと思ったら、おもむろに
「○○ちゃんは、××くんがすきなんだよ~。」だって。
恋の話か~い!
園児たち、幼稚園でいつもどろを囲んで内緒の話をして絆を深めてるのかしら~。

夕方になり、雨がポツポツしてきたので、名残惜しいけど今日はここまでね。
「ちょうどここがいいや~。」と、レンガの上に大事に並べて置きました。(レンガは、玄関から庭へのアプローチに敷こうと、夫が積んでおいたんですけど~。)

そういえば、こんな絵本も持ってたな~。↓

どろだんご (幼児絵本シリーズ)

こざる1号がお気に入りでよく読んだものでしたが、自分でやってみて、「あ~、なるほど。このことだったのか~。」と今になり納得した部分もありました。
私が子供の時は、おすなばの砂で団子を作ってたので、だんごが「ぴかぴかひかる」っていうのは、どうにもピンと来なかったのです。

どろだんごは、確かに光ります!

« 二番花 | トップページ | 何とかプチ納品 »

コメント

ホント、不思議なくらい光るんですよね~、
泥・・・なのに。

私も初めて見た時はびっくりしました。
これってたぶん、極めようと思ったらとことん極められる世界なんでしょうね^^。

ところでお庭のナスくんはお元気ですか?
(なすがまま?でかわいかったです 笑)

びいだまさん、こんばんは。
幼稚園では、ジャージ布で磨くといいと言って磨いている子がいました。みんなこだわりの製法で作って、各自隠し場所にかくしておくらしいです。でも、先生の作ったのが一番すごかった~。
我が家のなす、その後もなすがままですよ。トマトもナスも、今年いまいちなのは愛情不足だからかしら。こざる1号が学校から持って帰ってきたピーマンは立派な実がついていて、授業参観の日もせっせと水遣りをしていたことを思い出し、これは愛情の差だと。ところで、お土産のナスはおいしくいただいてます。昨晩はなすカレーにしました~。ごちそうさまでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/22297933

この記事へのトラックバック一覧です: どろだんご:

« 二番花 | トップページ | 何とかプチ納品 »