« スローにお茶をいただく | トップページ | 二番花 »

2008年7月 3日 (木)

ミニマルシェバッグ

Dscf2288_640  麻ひもで作ったマルシェバッグ。苦手の編み編み系に挑戦しました。

ミニサイズなのですぐ出来上がります。麻ひもは荷造り用のもので。始めはごわごわとして編みにくかったけれど、慣れてくると太いだけにどんどん出来上がっていきます。

季節柄かごバッグがかわいいなぁなんて思っていましたが、麻ひもで編むバッグもなかなかです。うまくいくかわからないので安価なヒモで作ってしまいましたが、持ち手を付けたらそれらしくなったと満足。次はもう少しごわごわしてない(でも荷造り用のヒモだけど)を買ってきました~。

出来上がったミニマルシェは、小物入れサイズ。先日のバザーにと生地をいっぱい下さったお友達に、バザーで買ってきた心ばかりの品を入れてお渡ししました。


編物は何度やっても覚えられない私のために(?)わかりやすく書いてあったレシピ本はこちら。↓(実際、基本的細編みばかりなのに、今回も「謎が解けた!」という瞬間がありました。今まで数々の思い込みとつじつま合わせで、いくつかの作品を仕上げていたらしいです。)

麻ひもで作るバッグと雑貨

もう少し大きなバッグも作ってみたいと思います。(↑こ~んな感じのバッグが<ジュート麻バッグ>とか何とか、、、いいお値段で売っているのを見ました。自分で作れたら得した気分でしょ。)

ところで、苦手なくせに、レース編みもずっと気になっておりました。冬の間は本屋さんに行ってもレース編みの本(しかも、超初心者向け、かつかわいいの)があまりなく、春先あたりにやっと私にも出来そう。。。という本をゲットし、小さなものから始めてみました。

ちいさなレース編み (はじめての手づくり)
この本には「始めは指がつるかもしれませんが、練習している内に慣れてきます」旨のことが書いてあり、超初心者を助けてくれそうな気がして好感がもてました。内容も、手順一つ一つが写真で解説されていて、やはり「そうだったのか~!謎が解けた!」と思いながら(一体いくつの謎をかかえているの?)編み進めていきました。
(掲載されている作品もかわいいですよ。)

Dscf1864_640 ドイリーや、ブレードなど。
苦手は苦手なんだけど、手を付け始めると熱中するタイプなので色々作ってみました。
糸は、通常の細いレース糸じゃなくて、太目のものです。



Dscf1867_640 出来上がったレースをくっつけて、編み針ケースにしてみたり。





Dscf1950_640

お花のドイリーは、、、






Dscf1988_640間に鎖編みのひもを通して、ジャムびんのカバーにしてみました。











編み針ケースは、Cotton friend 夏号に読者のみなさんの作品として小さく小さく載っています。

« スローにお茶をいただく | トップページ | 二番花 »

コメント

レース編み、そうそう、こういうのが編みたかったの! ^^
なのに極細糸を買ってしまったんですね、私、今ごろ気づいてどーする。^^;
どうしよう・・・本も欲しくなってしまいました。もちろん2冊とも!!
麻紐のバックの表紙の本も、見に行ったら麻紐まで売っていて、ポチりそうです。*^^*

haruさん、おはよう~。
ほんとだ~、アマゾンで麻ひもなんて売ってるんだね~。麻ひも本だからってヒモまで一緒に売るなんて、なんかすごいわ。。。
レース編みなのに、普通のレース糸じゃないでしょ~。実際、「この細いのじゃ無理だわ~。」と思ってもじゃあどれくらいの何を使えばいいのかって、最初はよくわからなかったです。そこら辺のことは本にも、「上級者になったら本格的なレース糸にも挑戦しましょう」的なことが書いてありました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/22049246

この記事へのトラックバック一覧です: ミニマルシェバッグ:

« スローにお茶をいただく | トップページ | 二番花 »