« おんなのこバッグ | トップページ | おうちゼリー »

2009年6月21日 (日)

ガラス瓶

Dscf3566_512 玄関脇の植え込みを模様替えしました。去年のハロウィンから咲き続けていたビオラの、最後の一輪を小さな瓶に挿しました。

小山の雑貨屋さんkw*cafeさんのリニューアル・オープンに先駆けて、これまでディスプレイに使われていた家具や雑貨のSaleがありました。

私が家事を終え駆けつけた時には、もう多くのものが売れてしまっていたのだけど(わりといつも出遅れ。オープン前に並ぶ、、って出来ないのです。)、この小さな小瓶を連れて帰ってきました。多分古いもの。うちに帰ってきて底を見たら、FRANCEって刻まれていました。なんかうれしい。
乗っかっている木のトレイもお持ち帰りしたもの。もともと箱のふただったようです。私はひっくり返してお盆として使おうかと。

Dscf3575_512 この瓶も。

古いものは、気泡が入っていたり、透けて見える向こう側の景色がゆがんでいたりするのが何かいい。

昨夜の大雨で倒れてしまったアナベルを挿しました。








ジャムの瓶やワインの瓶や、捨てられない瓶がいつの間にかたくさんになりました。そういえば、花を挿したり生けたりするのに、あらためて花瓶を買ったことはないなぁ。みんな捨てられなかった空き瓶ばかり。あとは、小さめのビーカーや三角フラスコに挿しておくのも好きです。

ごま油の瓶は、とてもごま油が入っていたとは思えないかわいさだし、タバスコの小瓶は、ラベルをそのまま貼っておいたままのがいい。もちろん、ボンヌの瓶はみんなとっておいて、自家製ジャムを入れるもよし、ボタンやテープを入れておくのもよし。

こんなガラス瓶好きなのは、夫から「なんでも空き瓶をとっておくんだから。」と指摘されて、そういえばそうだなぁ。と初めて気がつきました。

最近こういう本も買いました。

あまいびんの本―季節のジャム、コンポートから、果実酒まで

ジャム好き(つくるのが)にも、瓶好きにもたまらない本です。
ジャムのほか、コンポート、果実酒、など、いろいろな作り方も載っています。

« おんなのこバッグ | トップページ | おうちゼリー »

コメント

momoさん こんにちは。

こちらにお邪魔するのはとっても久しぶりで、なんだか緊張?しました(笑)。
昨日唐突にお会いしちゃっただけになんかヘンな照れもありますが。

ガラス瓶、私も大好きなんです。
それも古いもの・・・。momoさんもおっしゃるように
ちょっといびつだったり、気泡が入ってたりとか。
向こうから透けて入ってくる光の感じなんか特に好きかなあ・・・。
やわらかいんだけど、いびつなだけにちょっと愛嬌もあるとことか^^。
momoさんの記事読みながら「うん、うん♪」でした。
(気づくとたまっちゃってるとかね)

アナベルありがとうございました!
たくさん頂けたおかげでボリューム感もあり、あえてそれを楽しみたくて、今はひとつのガラスベース(古くないけど)にこんもりといけてあります。
やっぱりアナベルいいなあ・・・。キレイな白さだよね。
うーん、いつかウチにも植えたいよ~。。。とまたさらに思いを募らせたひとときでした。

ごめんなさい、名無しは私でした。
おはずかし~。

びいだまさん、昨日はどうもありがとうございました。夕べのデザートはゴージャスでした。おいしかったです!
アナベルも、年々大きくなって花数も増えてきました。いつでもどうぞ!折れてしまいそうな細い茎は雨の季節には悩みのたねですが、これがふっとい茎で葉っぱも肉厚だったりしたら、アナベルをこんなに好きにならなかったでしょうね。真っ白な花も、光が透けるライムグリーンの葉も、ほかに無い美しさですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/30208481

この記事へのトラックバック一覧です: ガラス瓶:

« おんなのこバッグ | トップページ | おうちゼリー »