« ピエール・ド・ロンサール | トップページ | こやぎのえほん »

2010年5月28日 (金)

狩人

Dscn1359_640 フランソワ・ジュランビル。

まだつぼみが多いです。
いっぱいのつぼみがうわ~っと咲いて、りんごのような香りが広がるといいなぁ。

Dscn1362_640_2 クモがゾウムシ捕まえてる~!!
よくやった!って心の中で叫びました。

無農薬有機栽培!なんて高らかにやってるわけじゃないんですが、よく知らない薬をまくのが面倒なのと、前に殺虫剤をまいたら自分が気分悪くなってしまったのとで、バラに付く虫は見つけたら捕る、というやり方にしています。

自分ひとりでは大変なので自然の力も借りようと、うちの庭では肉食の虫は大事にされています。テントウムシ、カマキリ、クモなど。クモは、子供のころは大嫌いだったのですが、「はっ!クモって肉食だ!」と気づいてからは大事な存在に。
だけど、実際に捕まえてるところは見たことがなかったので、今日こんな↑光景を見つけ、やっぱりね~。とほくそ笑んだのでした。

鳥もバラを食べる虫を捕ってくれるので、うちの庭の味方じゃないかと思います。(何より、鳥が来る庭って楽しそう。)。。。と言うわけで、野鳥が好む花の種ミックスをまいた私と、鳥の巣箱を作った夫。
気の長い話です。


« ピエール・ド・ロンサール | トップページ | こやぎのえほん »

コメント

こんにちは!
凄い~、クモってゾウムシ食べるんですね。
決定的瞬間だhappy01
このクモはよくバラにいますよね。
最近は小さいカナブンも来るようになりました。
あとハチが葉っぱをキレイな丸い形に切り取って
巣作りにでも使うのかどこかへせっせとはこんでます。
雨が続いたりでバラさんが咲き始めなのに茶色く
ボールみたいになってますshock

tamaさん、こんにちは。
ゾウムシ、固そうだけどね~。
このクモはまだクモっぽいけど、クモの巣にひっかかった草です、みたいに擬態してるのもよく見るね。バラに集まる虫も、私の味方か敵か、って見極めないとならないね。
せっかくのバラのハイシーズンなのに、まるで梅雨に入ったかのようなこのごろの天気ですね。なかなかままならないものです。

momoさん、お庭素敵になってきましたね〜。
お家を造る時から、ブログで拝見してるので、
家族とお家とともにお庭も育って(?)いる感じが伝わってきます〜♪
鳥の集まるお庭、、、素敵☆
ご主人の巣箱、かわいかったです!
最近、うちの近所とか私の実家付近でも
雀が少なくなっているような気がするんだけど
momoさんのお家付近はどう?

sakiさん、こんにちは。
今年は、私も夫も庭に出られる時間が取れるようになり、庭も庭らしくなってきたかな。
うちの方は田舎だからね~、すずめは庭に来てます。野鳥が好む花の種ミックスは確かに鳥に好まれてるみたい。芽が出た途端、そのエリアにいっぱい飛んできてました。花が咲く前に食い荒らされちゃ意味無いんだけどね~。

ティコゼの作り方と検索してこのブログにたどり着きました。
ちょっと検索しきれなかったのでお聞きしたいのですが、ソーイングとかって学校で習ったのでしょうか?
私は学校の家庭科でやったようなことはまったく覚えていません。もうすぐ30歳という今になってやっと作ることに興味がでたのですが、ちゃんと習ったりしないとmomoさんのようにいろいろ作ったりできないのかなぁと思い質問させていただきました。
今回の記事の内容と関係ないことで申し訳ございません。
ただ子供のスーツとか自分のバッグとかを作ってしまうmomoさんに感動したもので。。。

しぽこさん、はじめまして。
ソーイングは、特にどこかで習ったことはないのですが、今思えば子供の頃から縫うことは好きだったかなと思います。母に聞きながら小物を作ったり、とか。でも、今ほどいろいろ作り出したのは、、、子供のバッグや服を縫い始めたのがきっかけかと思います。
始めの頃は、かわいいな、と思った雑誌や本をお手本に作りました。今はたくさんのハンドメイド本が出てますしね。スーツみたいなのはやっぱり難しくて、洋裁本を熟読しながらでした。ブログを通じて知り合った友達とのお付き合いや、その方たちの作品も、とてもいい刺激になってます。
あまり参考にはならなかったかもしれませんが。ご自分が好きな感じのものを作られたらいいと思いますよ。頑張ってくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/34923186

この記事へのトラックバック一覧です: 狩人:

« ピエール・ド・ロンサール | トップページ | こやぎのえほん »