« 祈り | トップページ | 花がくれる元気 »

2011年3月22日 (火)

咲かない花はない

Dscn3694_512毎年こぼれ種で、同じスキマに花を咲かせるイングリッシュデージー。

Dscn3697_512 一つ一つに名前があったのかもしれないけど、、、うちでは『クリスマスローズの白いの』と呼ばれています(ごめん。母さんこんなで。)。うつむいてるのに、無理やりのぞきこんで。本当に美しい白!

Dscn3696_512 そして、お隣の『クリスマスローズのピンクの』。

この連休中、庭に出ました。
春が来たのに、芽を出しているのに、気にかけないままでごめんね。

こざる2号が、「おれ、いやな漢字知ってるよ。一にカタカナのタにヒだよ。」
と言いました。

あぁ、それは「死」だ。
テレビにも新聞にも、いっぱい書いてあるね。

漢字を習うようになって嬉しくて、新しく習った字はよく教えてくれてたのだけど。
いつものように言ったその言葉は、もしかしたら2号のSOSかも。
遠い被災地の知らない人の苦しみに、こんなにふさいでしまうのだもの。
子供ならなおさらだ。

そんな状況にあっても、変わらぬしまくろの温かさは家族の救いです。

110322_132608 母ちゃん腹の上は、気持ちいいんだぜ。

« 祈り | トップページ | 花がくれる元気 »

コメント

こんにちわ。
被災地の子供だけでなく、周りで生活する子供達の心のケアも、
今後は重要になってきますよね。
我が家の庭も、少しずつ花が咲き始めました。
日本は四季のある国です。
毎年必ず春はやってきます。
被災地の皆さんにも、早く心温まる春が訪れる事を願います。

子供っていがいに敏感ですよね。
自分でそれを感じ取って、、、、

親をよく見ているから、感じ取ることもありますよね。

ネガティブにとれば、PTSDとか。。。心配です。でもポジティブにとれば、この経験が、きっと人間としての思いやりや、助け合うということを肌で感じているような気がします。

きっとすてきな大人になると思います。
未来のあるこどもたち。

被災した子供たちも、すくすく育ってほしい。


近くて、こどもたちの遊ぶ元気な声が響くと、、、ほっとします。

momo母さんも子供たちとおなじように、、、がんばっ。

こんにちは。
デージーさんと、クリスマスローズの白いのさんと、クリスマスローズのピンクのさん、綺麗ですね。
クリスマスローズさんたちは、きっと自分たちのことを、クリスマスローズの白いのの代表、ピンクのの代表、みたいな感じで、「クリスマスローズの白いの」「クリスマスローズのピンクの」だと思っていますね。
新聞の記事などに踊る言葉がバラエティ豊かになるといいですね…先行きのくらい、寂しい、辛い言葉ばかりだと大人でもめいってしまいますよね。
話は変わりますけれど、気持ち良さそうですね、最後のお写真のしまくんとくろちゃん。

ともさん、おはようございます。
せめて、今が春に向かう季節でよかったと思います。早く、暖かな空気になるように。また、咲き出す花たちにも勇気づけられます。
避難所生活の中で自ら活動している子供たちの記事を読みました。被災地の苦しみが終わらないことも、どこにあっても子供たちが希望であることも、忘れないようにしたいです。

野花さん、こんにちは。
2号が「いやな漢字」のことを話したとき、ドキッとしました。地震後も、いつもと同じに明るくおしゃべりな2号だと思ってたんだけど、感じるところがあったのかもしれません。
でも、こうした天災人災を乗り越えて、未来を作っていく子供たちであってほしいです。うちの子たちも、被災地の全ての子供たちも。

きいろひわさん、こんにちは。
「白いの」「ピンクの」と呼ばれているので、本人達もきっとそう思ってくれてますね。お花も品種のその先にそれぞれの名前があって、バラは何とか覚えてるけど、ビオラにもヒマワリにもいろんな名前が着いてて覚えられません。
現実から目をそらしちゃいけない、と思うのですが、実際被災していない子供たちにも影響があるようなら、少し心を和らげられるようにニュースを消すのは、周りの大人がすべき配慮なのかなと思いました。それと、写真のようにのほほんとした猫が傍らにいるってことは、気持ちのバランスをとる上でもとてもありがたかったです。

momoさん こんにちは。
イングリッシュデージー可愛い!cute
こぼれ種で毎年咲いてくれるお花って、いじらしいですよね。
うちのクリスマスローズも私から、黒い子、白い子、期待を裏切った子(^^;)などと呼ばれています。
catcatしまちゃんくろちゃん、癒しパワー全開してネ^^

亜麻さん、おはようございます。
イングリッシュデージー、何だか、子供のおもちゃみたいな可愛さがあります。毎年、この細いスキマに気が付くと咲いてます。
亜麻さんも、クリスマスローズそうやって呼んでるのね~。よかった、私だけじゃなく。期待を裏切った子。。。やっぱりいろいろ植えていると期待を裏切られたりもしますね。「うちの土には合わなかった子」とか「気が付くといなかった子」なんてのも。
しまくろは今日も元気です。パワーは全開かな。

momoさんこんばんは。

またまた可愛いお花たち!癒されます^^。

私も白いのって言ってる、、、!

子供って、ちゃんと感じてるんですね。
うちは長女が一緒に寝たいと言ってきます。

そしてもし地震が来たらどうするか、とひとりシュミレーションしています。
とても不安になっているようです☆

ちゃんと笑顔で安心させてあげなきゃな、と思ってます^^。


しまくろちゃんたち可愛いなぁ♪

モーリ。さん、こんにちは。
ゴージャスなバラたちが咲くのも楽しみですが、春先は小さな花が愛らしくていいですね。モーリ。さんも、色で呼びますか?実はそういう人も結構いるってわかって、ほっとしてます。
地震からしばらくたって、子供も前の程度の甘えん坊に戻ってきました。少しの揺れには気が付かないことも。きっと、子供たちは乗り越えていくだろうと思います。あとは、被災地のことを忘れてしまわないよう、いい意味でいつも心にとめておいて欲しいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/39323436

この記事へのトラックバック一覧です: 咲かない花はない:

« 祈り | トップページ | 花がくれる元気 »