« ボーダーワンピ | トップページ | 地震後近況 »

2011年3月13日 (日)

東日本大地震

 11日に発生した最初の大きな地震、そしてその後の余震、津波、原発の爆発。身の回りのライフラインの混乱、各地の親類や友人の安否。。。地震発生以来、現実感も時間の感覚も麻痺してしまったようです。

 私たち家族は無事です。心配してくださった方々、ありがとうございます。

 

 11日、もうすぐこざる2号が下校だなと思いながら、家にいました。その時、グラグラと揺れるのを感じ、これは通常の地震ではないと気が付きました。ダイニングテーブルの下に入りましたが、ものが落ちて割れる音がし、目の前のキャスター付きのラックは勝手に動いて。猫が離れたところでこちらを見て固まっているのが見えました。

 正直なところ、あまりのことに細かいことは覚えていませんが、揺れがおさまってからはテレビをつけ、とりあえず割れたガラスのものを片付けたり。でも、子供を迎えに行かなきゃと、そこはそのままにして家を出ました。

 行く道々、墓石が落ちて転がっていたり、石塀が崩れているところも少しあり、これはただごとじゃないと。1年生だけで歩いている途中ではなくて、本当によかったと思いました。あと15分もすれば下校、という時間だったのです。

 学校に着くと、全校生徒が一斉下校の準備をして校庭に集まっているところでした。下校を待つ間にも大きな余震がありました。近所の子供たちに付き添って帰ってきました。こざるたちと、無事帰宅したことにひとまず安心しました。

 余震は続くものの、ガス、電気、水道は生きていて、通常の暮らしは出来そうだ、とその時は思っていたのですが、テレビに続々と入ってくる各地の様子に呆然としました。震源に近い東北、津波の襲った地域は壊滅状態で、火災も発生している。火を吹くコンビナート、流されていくあの車には人が乗ってるんじゃないか?、、、。そして、気が付いたことは、夫は帰ってこられないのでは、ということ。地震後は、メールも携帯も、通じたり通じなかったり。夫は職務上、またJRが不通ということもあり11日は帰宅できず、信号もついてないから車にも乗らないほうがいいと迎えにも行けず、翌日の夕方、ようやく帰宅できました。

 県内、市内では停電が長く続き、夫の見てきたところによれば大変な不便だそうでした。むやみに買い物に出たりしないほうがよさそうだと、12日も日中出歩かなかったのですが、夕方になり夫を迎えに出たところ、ガソリンはどこも売り切れで、スーパーの棚も空っぽのところがあり、生活の混乱ぶりに驚きました。とりあえずのものは家にありますが、この混乱がいつまで続くのかわかりません。

 地震の揺れそのものもさることながら、その後の津波、余震、火災、原発の事故など次々に起こる二次被害も恐ろしいです。日本全体が、人々の命や生活から、インフラ、都市の機能、政治、経済、どこまでにダメージを受けているのか計り知れません。

 なかなか取れなかった連絡も、時間の経過とともに通じてきて、親類、友人の無事も直接、間接に知ることが出来ています。どうか、みな無事で。そして、これ以上被害が広がりませんように。一日も早く、もとの生活に戻れますように。

« ボーダーワンピ | トップページ | 地震後近況 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/39212151

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大地震:

« ボーダーワンピ | トップページ | 地震後近況 »