« 地震後近況 | トップページ | 咲かない花はない »

2011年3月16日 (水)

祈り

ニューヨーク支局の記者のコラム。日本人がこの状況下で略奪行為等に走らず、節度を持って行動していることを世界が賞賛しているとの内容でした。

別のコラムでは、チェルノブイリ、スリーマイル島と並び、「フクシマ」が世界の三大原発事故の一つになるだろうとも。

世界各国からの援助申し出。
国連も全力で日本を援助すると。

世界中の人々が、日本のために祈ってくれています。
原発の爆発を防ぐことは出来なかったけれど、命の価値を教えてくれたと感謝しています。

とりとめもなく挙げ連ねましたが、世界が今日本に注目し、憂い、手をさしのべようとしていると感じています。
島国ニッポン、だけど、世界とつながっていると信じたいです。

私たちを、悲しみと不安の渦に陥れたこの出来事。
せめて、人々、社会、世界の有り様をよりよく変え、再生することが出来ますように。

« 地震後近況 | トップページ | 咲かない花はない »

コメント

そうですね。胸にジンと来ました。

日本人の対応については、私のいるところでもみな褒めてくれます。
私の観察ですが、外国のメディアのいくつかは、地震後の日本が地震後のハイチのようになるのではないかと、少し思っていたようなところがあるようです。ハイチが大混乱に陥ったように日本もなるのではないか、と。外国の大衆的な番組だと、日本にいるその国出身の人に連絡を取って、わざわざ、そういうこと(パニックなど)について尋ねたりしていました。

なにはともあれ、日本はこの数日で凄く有名になり、皆が日本のことを心配し、語り、日本のために祈り、そして、皆がこれを機に「これまでのこと」と「これからのこと」を考えるようになったようです…

きいろひわさん、
私は、今回の地震やその後の一連の出来事の中で、ハイチで地震が起きたとき、スマトラで津波があったとき、それを自分のこととして少しも捉えていなかったことに気づきました。今、世界の人が日本人と悲しみを共有してくださっていること、また国境を超えて原子力への危機感を持っていること。そこから私たちも学ぶべきことがあると思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/39247301

この記事へのトラックバック一覧です: 祈り:

« 地震後近況 | トップページ | 咲かない花はない »