« 女の子のふく | トップページ | 親エプロン子エプロン »

2011年6月23日 (木)

ラミネート生地でバッグ

Dscn4285_640マリンな雰囲気で作ってみました。

帆布を使って2way バッグ(好きなかたちで、何度も作ってます。)と、巾着型のペットボトルケース。

バラの季節には庭で長い時間過ごし、後はバザーに向けていろいろ作成していたものですから、そういえば道の駅のボックスマーケットがお留守気味になっていました。。。というわけで、↑のものは道の駅思川に置いてきました。

バッグと言えば、先日「買ったけど使わなかったから」と、友達にラミネート生地をいただきました。キャスの一連のコーティング生地製品はかわいくて好きだし、じゃ、バッグを作ろうか、と、、、(注:共通するのはコーティング生地ってことだけですが)

Dscn4289_640 こんなのや、

Dscn4290_640 そんなのや、作りました。(バザー用にお手製の タグが付いてま
す。)

テフロン押さえがあれば、普通の生地のように楽々スイスイ縫えてしまうのかと思ってましたが、ちょっと甘かったデス。テフロン押さえのみだと、生地が前に送られないこともあり、私は、ラミネート生地の縫い方として、

①テフロン押さえを使い、②生地にベビーパウダーをはたき、③ミシンの縫い目は粗目

という方法で、何とか縫いました。(ぺたんこバッグで息切れ。)あとから聞くところによると、キッチンペーパーを下に敷くという方法もあるようで、今度試してみようと思います。(もうちょっと形も凝ったバッグにしたい。。。)

昨日、今日ととても暑くて、猫たちは少しでも温度が低いと思われる床などに、できる限りの体表面積を接して伸びていました。

Dscn4279_640あつすぎだにゃ~~~。

↑なぜ、窓際にいるのかと思ったら、アルミ製の窓枠に足を触れているのでした。それは冷たい部分らしい。

« 女の子のふく | トップページ | 親エプロン子エプロン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/40523484

この記事へのトラックバック一覧です: ラミネート生地でバッグ:

« 女の子のふく | トップページ | 親エプロン子エプロン »