« お買い物バッグ | トップページ | こざる兄弟 銀座へ行く »

2011年8月13日 (土)

夏休みの宿題

Imgp1344_640
お題は「家の中で好きなもの」。

こざる2号は絵が苦手です。
図工のある日は、朝お腹が痛くなってしまうほどの、コンプレックスを持っています。人に笑われたり、恥ずかしい思いをすることを人一倍気にするところがあるので、そういうことも関係してるのかもしれません。

ところで、夏休みの図工の宿題は、各種いろいろある絵画コンクールへの応募作品を一つ選んで描くというものです。防災ポスターやあいさつ啓発ポスターなどいろいろある中で、2号が選んだのは「家の中で好きなもの」。

うん、これなら描きやすいね。

予想通り「猫たちを描く。」、というので、どんな感じの絵にするか適当な紙に下書きを書いて決めてから、画用紙に鉛筆で下絵を描き、絵の具で色を塗るまで、つきっきりでした。

私は絵を描くのは好きだったし、上手っぽく見えるには多少事実を曲げて描いてもよし、という柔軟な姿勢で、あまり苦労したことはなかったのです。絵なんて、自分の好きなように描けばいいのだと。
だけど、2号があまりに苦戦しているのを見て、その「好きなように」が出来ないんだと悟りました。絵の描き方を、子どもに「こうして、こうして、、、」ってテクニックみたいに教えるのはどうなの?と思っていたのですが、、、。

どうも、モノとモノの位置関係や大小や距離感や(もちろん写真みたいに描くってことじゃなく)、自分の中できちんととらえて絵にアウトプットできないようです。
そういえば、書く字なんかも、四角いマスの上半分とか左半分、とかとんでもないバランスで書いてるし。

だから、「よく見て、よく見て。どっちが大きい?」「どっちが右の方に出てる?」
そんな風に、一つずつ一つずつ確認して、ようやく出来上がったのです。
今まで、そういう風に教わりながら描いたことはなかったかもしれません。私も、絵の描き方をこうやって教わるっていうことがいいのかどうかわからないですが、2号が自分の力で描けるようになるために、まずはちょっとヒントをあげられたらいいのかなと思うことにしました。

その頃しまは、勝手にお母ちゃんのバッグに入って昼寝。。

Imgp1341_640 猫には宿題なんてないにゃ。

そして、図工の宿題が仕上がったと余裕の2号に衝撃の事実。

「ちょっと!プリントには『自分も入れて描く』って書いてあるよっ!」
ガビーン。猫しか描いてないじゃん。

上から自分を描き足すことにしました。。。

« お買い物バッグ | トップページ | こざる兄弟 銀座へ行く »

コメント

絵を教えるって、、、
なかなか難しいですよね。

なかなか自由に思ったようにかけないのは、私も同じなので、、、よくわかります。
ちょっとヒントがあれば随分広がりをもってかけますよね。
きっっと、momoちゃんの愛情は、伝わったと思いますよ。

絵の中に自分をいれるなんて、、、
結構、、、物によっては、困りますよね。

でも、、この絵に2号くんが入ったら、、、もっともっと素敵な絵になったね。

おはようございます。
私も子供の頃、今もそうですがartお絵かきは苦手sad
夏休みの図工は嫌で嫌でたまりませんでした。
こざる2号君、上手に描けているじゃありませんか。
catしま、くろちゃんの特徴をよく捉えて。
きっとお母さんの指導がよかったのですね。
自分を描き忘れちゃったのは残念coldsweats01
でも、お母さんの指導できっと上手に描けた事でしょう。

野花さん、こんにちは~。
充実の夏を過ごされているようで何よりです。
我が家は夏の作品作りに苦戦中。実は1号も、お父ちゃんに手伝ってもらって、今貯金箱を製作中です。もう、夏の風物詩になりつつあります~。
2号は、絵の具の色を混ぜたり、カラフルにたくさん色を使うのを楽しんでたようなので、「その辺から絵を描くのは苦しくないよ~」というのがわかればいいなと思います。「好きなものの絵を描く」というテーマもよかったかな。大好きなしまくろの絵なら、一生懸命描けるものね~。

ともさん、こんにちは~。
この絵、ここまで来るのに険しい道のりでした~。下書きで、もう何度も描いたり消したりやっとこさ形になったんです。なので、「自分を入れて描く」って気が付いたときに、これを2号に知らせるのは酷だなと迷ったのですが、本人は「そのまま出してたら恥ずかしいことになっていた。」と思ったようで、前向きに上から描き足しました。
先ほど無事描き足し終わり、今は重荷から開放されてルンルンです。まだ宿題終わってない兄ちゃんの邪魔はしないで~。

こんにちは。
宿題が終わって何よりです。
写真に写っている絵は、色のバランスや構図がとても洗練されて見え、とてもすてきです。

{私は専門家でもなんでもないのですが}
文字については、外国の方が日本語を学ぶときに、同じような感じです。「大きさやバランスに意味(?)がある」というのが、はっきり言わないと通じないみたいで・・・「びょういん」と発音しながら「びよういん」と書く人もけっこう多いです。

それから、{私はこれについても全く専門家でもなんでもないのですが}絵の指導については、いろいろやり方があるとおもうので、テクニックから、といのも十分ありだと思います。
二号くんが、絵を好きになってくれたら良いなと思います。色遊び、重要ですよね。そういえば、私が幼稚園のころ、静物画を制作したときに、モデルの静物の色と同じ色で塗ったら、先生に、「考えてこの色を選びましたか」と言われたのを思い出しました・・・絵は、ほんとう、自信とかかわっているみたいですね。

きいろひわさん、こんにちは。
すてきな絵を描かれるきいろひわさんからの、絵に関するコメントはありがたいです。とても苦労して仕上げた絵で、かつ2号が苦手なことに一生懸命取り組むっていうのも珍しいことだったので、特別な一枚になりました。
苦手な中でも、絵の具の色を混ぜるのは好きなことのようで、パレットを何度も洗いなおして色を作っていました。「しま」の色は自分でも満足したみたいです。
「字」を書くのも、本人にとってはまだ「記号」か「マーク」に近いのかもしれません。そういった意味でも(絵との関連も含めて)、成長の途中段階と思うことにします。

こんにちはmomoさん。

わが家でも今まさに格闘中です。
ドリル系はなんとか早目に終わらせられたものの、嫌いなポスター・感想文はどうしても後回し。
「自分の中でとらえたものをアウトプット」することができない・・・。
そう、まさにそれ!!特に下の子。
絵もそうだったんだけど、感想文もそうだよねー。
(そう、今感想文で苦しんでんの)
momoさんみたく丁寧に教えてあげられればいいんだけど、それができなくてね~。
静かにやってるな?と思ったらほとんどあらすじ書いてました(笑)。

お子ちゃま達ルパン好きなの?
あの面白さが分かるとは素晴らしい^^。
銀座、私も好きな場所ですがあまり詳しくはありません。
鳩居堂、伊東屋さん寄って松屋・・・くらいしか行けないのですが
どこかオススメありますか?

びいだまさん、こんにちは~。
遅くなってすみません。ちょっと出かけてて昨日帰って来ました。その「お出かけ」があったので、頑張って宿題終わらせましたよ~。感想文、放っておくと長いあらすじになってますよね!書き直させました。。。そして、2号にかかりきりになってる分、1号の宿題は本人まかせなので、これまた「大丈夫なのだろうか」と心配です。
ルパンは、テーマソング集みたいなCDを持ってて、それを車内でマジ歌いされる時の騒ぎったらないです。銀座は昔はよく映画を観に行ったのですが、近頃は全然で、すごい久しぶりでした。(全然詳しくないですよ~。)すれ違う女の人の香水の香りに、「銀座」を感じて帰ってきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/41196388

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの宿題:

« お買い物バッグ | トップページ | こざる兄弟 銀座へ行く »