« ジューンベリーの収穫 | トップページ | あじさいへ »

2012年6月12日 (火)

庭 ④

Imgp5731_800

庭のベンチ(夫作)。

この庭を持って6年目。
夫は庭大工となっていろいろなものを作ってきました。
ベンチもテーブルも、重くて一人では運べないんだけど、この無骨さが、バラを植えても「英国庭園」ではない「ポタジェ」なうちの庭にマッチしてるかも。。。夏休みには、こざる1号が友達を呼んでバーベキューしたいな~と計画中。このテーブルも活躍してくれることでしょう。

現在は小屋作成中。なかなか作業は進まないけど。

↑の画像で板塀にポツポツとはりつくように咲いているブルーマジェンタ。

Imgp5720_800

塀の向こう側、敷地の外で満開です(陽のあたり方を考えると、花的にはそっちを向きたいらしい)。

Imgp5672_800

お隣ではバフ・ビューティ。

Imgp5715_800

ピエール・ド・ロンサールは、雨が降った重さで、ぽっきりと枝が折れてしまった。
この大きさで房咲きじゃ重いよね。
二ゲラも一緒に。

二ゲラは毎年こぼれ種で咲きます。
今年も種をたくさんこぼしてくれるよう、花のあともしばらく放置します。

Imgp5459_400

挿し木苗で、なかなか育ってこないのですが、マリー・ヴァン・ウット。
いくつか蕾をつけていて楽しみにしていたのだけど、首のところからポッキリなくなっており(虫?)この一輪だけが咲きました。

クリームがかったところにうっすらピンクが入り、なんともいえない色合い。
咲き進むと。。。

Imgp5491_400

どんどんピンクが増してきました。
香りは、甘くてフルーティな感じ。
大切に大きく育てていきたいバラです。地面に降ろしてあげたら、もっと育ってくれるかな。










« ジューンベリーの収穫 | トップページ | あじさいへ »

コメント

ご主人、すごいですね!
小屋って・・・shine
私も家を建てたら
ピエール・ド・ロンサールを植えるのが
夢ですheart01

yumikoさん、こんにちは。
はじめは、小さないすとか巣箱くらいだったのですが、だんだん大きなものを作るようになりました。小屋は、取り掛かりだしたら仕事の方が忙しくなってしまい、途中のまま。日に焼けてペンキがはげてしまいそうです。
私も、庭を持ったらピエール・ド・ロンサールを植えると決めていて、これが最初に買ったバラなんですよ。

すてき、すてき、、、
ご主人制作のターブルと、ベンチ。。。
本格的だね~

白って、、、ほんとうに素敵。
ブルーマジェンタの壁面の白も、よく合ってるね~お花がいきてる~

やっぱり、、、白はいいね~

小屋も作成中なんですね~きっと、、、
白い可愛い、、こびとのおうちのようなのができるのかなあ~

楽しみですね!!

野花さん、こんにちは。
画像だと遠近感がわからないかと思いますが、近くて大きめに写っているのではなく、離れているのに大きめに写っています。すごい、ごついのですよ~。そんな感じなので、小屋もかわいい小人のおうちにはならなそうです。。。
板塀の白は、バラの葉の緑とも花の色とも引き立て合ってよかったと思います。アーチで使った青も、以外にバラに合うんですよ。

momoさん
ご主人凄い〜
とっても素敵です。
お庭に出るのも楽しくなりますね。
家族が集う場に笑顔が溢れてるのですね。
バラもとっても綺麗です〜

ハトコさん、こんにちは。
「なんか作るものない~?」(←なんでもいいから作りたい。)という夫にリクエストしていたら、いろいろなものが増えていきました。子供たちにも庭を楽しんでほしいので、バラがドッジボールにふっとばされたり、チューリップがポッキリと折れてたりということには目をつぶらなければなりませんね(むむむ~)。老後は、バラなどの植物は私担当、木工と畑は夫担当で、二人で庭で過ごすことになりそうです~。

momoさん こんにちは♪
わが家では何年も前から庭大工を募集してるのに、大きなshadowが4人もいるのに無視なんですよ~
さかのぼればパートナー選びを間違えたってこと?
小屋、どんなのが出来るんでしょうね~
お披露目を楽しみにしてますね♪
ブルーマジェンタ、すごく好みです。
マリー・ヴァン・ウット、色が優しくて名前も素敵。
挿し木から何年くらい経ちましたか?
うちも挿し木の子はなかなか大きくなりません^^;
あ、でもアブラハムダービーだけはすごく大きくなりました。


亜麻さん、こんにちは。
うちの庭は、はじめ業者の見積もりをしてもらったこともあったのだけど、資金不足で、結局「自分たちでやればいいか。。。」となり、大工担当と植栽担当を分業ではじめたのです。結婚して何年も共通の趣味がなかったので、こうしてはじめたことはよかったかもしれません。
挿し木は、アーチのフランソワ・ジュランビル、アブラハム・ダービー、ギスレーヌ・フェリゴンド(この花たちも、今年記事にしています)と一緒に5年前に挿したんです。それぞれ育ち具合が違って、フランソワはものすごい伸びです。うちでは、アブラハム~は、なかなか育ってこないです。いろいろな条件はあるのでしょうが、たった1本の茎だった、、、と思うと、バラの生命力はすごいと思います。育ってこない組も、これからに期待します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/45622784

この記事へのトラックバック一覧です: 庭 ④:

« ジューンベリーの収穫 | トップページ | あじさいへ »