« セレモニーワンピ | トップページ | 春スイッチ »

2013年3月23日 (土)

こざる1号小学校を卒業する

Imgp8201__800

こざる1号が小学校を卒業しました。

式のあと、最後の帰りの会を終えて、校庭にて。卒業証書をあらためて確認している1号。

みんな自分が進学する中学校の制服を着ています。(これには私は違和感があったんですが、地域によるのでしょうか?)

6年前、引っ越してきたばかりで知っている友達もいない入学式()で、私の心配をよそに堂々と(ひょうひょうと?)していた1号。同じ体育館で卒業式をしているんだなぁと思いながら、6年分の走馬灯。

超個性派で、周りとうまっくやっていけるのかと心配したことも。先生にきちんと理解してもらえるのかと心配したことも。
やはりそんな私の心配をよそに、1号は「自分は自分」の姿勢を今も変わらず持ち続け、いつも自分の物差しで一生懸命考える人になりました。

6年生になってからは、急に心も大人への入り口を探し始め、親に言いたくないことや頼りたくないこともいろいろ出てきたみたいですが、そんなとき、担任の先生にいろいろ話したりアドバイスをもらったりしていたようです。親以外の信頼できる大人を見つけられたことも、とても幸せなことでした。

3学年はなれた2号とは、一緒の学校に通うのはおそらくこれで終わりです。
2号にとっては、同じ学校に兄ちゃんがいるっていうのはとても心強いことであったに違いありません。低学年は卒業式には参列しませんが、式の前にお別れの会をします。そこで「2号ちゃんは泣いてたよ。」と、2号の先生が教えてくれました。兄ちゃんにむかってナマイキな口をたたいたりもしますが、2号の尊敬する大好きな兄ちゃんなんだなぁ。

Imgp8134_800_2 紅白のしましまロール。

Imgp8003_800_2 にいちゃん、オメデトウ。



« セレモニーワンピ | トップページ | 春スイッチ »

コメント

momoさん お久しぶりです。

こざる1号君 卒業おめでとうございます。
6年間の色々な思いがあることでしょうね。

中学生になると、考え方も行動もしっかりとしてきて
立派なこざる1号君になることと思います。
その姿をお手本にこざる2号君も育っていくことを
願っています。
素敵な両親に育てられているお二人は幸せですね

↓ 縫われた素敵なワンピースを着られたmomoさんの姿も拝見したかったわ ♪

1号くんおめでとうございます!
中学の制服を着てくれるのは羨ましいなと思います。
こちらでは卒業式用にスーツを用意しなければいけませんから。
大抵レンタルのようなんですけれど。

私も卒業式を見に行ってきました。
「お父さんお母さん家族の皆さん今までありがとうございました。」
という6年生の言葉に胸が詰まる思いで・・・
我が家は今年6年生なのに今から切ないです。

愛情たっぷりの紅白のしましまロールにお手製のワンピース、momoさんやはり素敵ですね~。
母として見習いたいです^^

Garnetさん、ありがとうございます!
ご無沙汰してしまってスミマセン。
6年間、特に最後の一年ではすっかり大人びてしまって、でも、根っこの部分はいつも変わらない気がします。2号は、親の背中じゃなくて兄ちゃんの背中を見て育ってる感じ。二人とも、どんどん大きくなっちゃって、残された両親が猫とひなたぼっこしてる絵が、容易に想像できます~。

pecoさん、ありがとうございます!
わざわざ卒業式のために、着るものを用意しなくてもいいように、っていう配慮なんでしょうね。でも、入学前に中学の校章つけてていいのかなぁ、でも、取っちゃうと穴だけだよねぇ?(襟のところに)ってちょっと悩みました。
6年生は、行事のたびに「これが小学校最後だなぁ。」って、もう一年中感慨深いですよ。授業参観もうるうるしちゃいますよ。覚悟してくださいね!
ワンピースは、自分が着たかっただけなんですよ~。そんなに立派なお母さんじゃないです。なんちゃって母さんです。

ご卒業おめでとうございます。

どんな場面でも自分を失わないって、それって、すごいことだと思います。

今の子供たちって、周りにとても影響されるし、同じでないと仲間に入れてもらえないとか、、、そんなことを思ってしまいがちですよね。

いつも思うのでうが、それはmomoちゃんの子供さんに対する愛情や接し方が素晴らしかったのだと思います。

あ~私ももっとこうすればよかったなあ~なんて、、、反省することしきりです。

momoちゃんの子供たち。。。。きっと立派に育っていくね~
本当におめでとう!!

こざる1号君 卒業おめでとうございます!
小学校の卒業式って、赤ちゃんの頃や入学当時のあどけない頃が走馬灯のように浮かんできて、うるうるだったのを覚えています。
まだ、幼さと大人っぽさの両方を合わせ持っている時期ですよね^^
momoさんの心配をよそに、6年の間にいいお友達も沢山できたことでしょうね。
親以外の信頼できる大人って、ほんとに大事な存在だと思います。
中学生になっても、そんな出会いがあるといいですね。

野花さん、ありがとうございます!
ご無沙汰してしまってすみません。
1号は、動かざること山の如しの人(本来の意味と違うかな)なんです。自分がこうって思ったら、絶対人の言うことも聞かない頑固一徹で。以前は私とも衝突してばかりだったのですが、「む~、本人がそれでいいんなら好きにさせよう。」と諦めてからは、1号との関係もスムーズになったかも。ただ、友達との間は頑固すぎで大丈夫なのかな~とも思ったり、担任の先生に「うちの子は大丈夫ですか。」と聞いたこともあったんだけど、そんな1号と気が合う友達がちゃんといて、6年間いい形で終わることが出来ました。

亜麻さん、ありがとうございます!
ご無沙汰してしまいすみません。お引越し先のブログ、ちゃんとブックマークしてありますから、落ち着いたらゆっくりおじゃまさせてください。
6年の間に、心も身体も大きくなって、声はすっかり変わってしまって。これから中学、高校って、青春を迎えていくんだな~、これからの人って羨ましいな~って思ってたら今日は自分が中学に入学する夢を見てしまいました。
1号が6年生になってからは、ちょっと親から距離を置いてきて、「あ~これが思春期ってものか。」と思ってたのですが、そんな時にもやっぱり信頼できる先生には悩みや考えを打ち明けてみたりしていたようです。思春期の入り口で心の嵐が吹き荒れなかったのは、先生のおかげかなと思います。

ご卒業おめでとうございます。cherryblossom
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
そういえば、私も小学校の卒業式には進学予定の中学校の制服を着た記憶があります。たしかに、不思議ですね。

きいろひわさん、ありがとうございます。
ご無沙汰してしまって、すみません。

私のときは、それぞれブレザーなどのよそ行きの服を着ていたので、中学の制服を着るっていうのはとても驚きでした。一度きりのことのために、わざわざ服を買わなくてもいいように、という配慮みたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150156/50898207

この記事へのトラックバック一覧です: こざる1号小学校を卒業する:

« セレモニーワンピ | トップページ | 春スイッチ »